お風呂の効果Q&A
一覧へ | 12
    
お風呂に入るのにはどんなメリットがあるのですか?
   
シャワーだけで済ませるよりも、

ちゃんと湯船につかって、身体を温めた方が健康に良いのは言うまでもありません。


お風呂に入るメリットは、代表的に以下のようなことと言われています。

①血行促進
②老廃物の排出(デトックス効果)
③リラックス効果

これだけを見ても身体に良さそうであることは間違いないでしょう。

しかし、温度の熱すぎるお風呂は心臓に負担がかかるので、あまりオススメはしません。

しかも、これら3つは、ダイエットにも大きく関係しそうですよね。


基本的に、体脂肪は血液の流れにのって、分解されます。
そして、お風呂に入ると身体全体に水圧がかかりますが、

普通の生活で足の方にたまりがちなリンパ液も水圧がかかることで循環して行きます。

身体が芯から温まることで、代謝が良くなり、体脂肪が分解され、リンパ液も循環するわけですね。


次に、デトックス効果

水を飲むことで更に効果を増しますが、身体があたたまることで、

汗をかきます。

汗は、身体の水分、塩分などと一緒に身体の老廃物を外に排出してくれます。

水を飲んで、汗を書いて、身体の不必要なものを外に出す。

これがデトックスです。

皮膚についている汚れは勿論のこと、体内の老廃物も汗をかくことで、

油分、水分、塩分となって外に出て行くのです。

美しい肌を保つことができそうなことも想像つきますね!


そして、リラックス効果。

それが実はとてもダイエットに関係する。


ストレスがたまって、買い物癖がとまらない!
ストレスで何かを食べていないと落ち着かない!

現代人はほとんどの人が何らかのストレスを抱えているもの。

温浴施設などの便利なリラクゼーション施設が流行るのも当たり前です。

デッカイお風呂で、ゆっくりリラックス!
デトックス効果で、身も心もスッキリ!
更に、ボディケアやアロマリンパテラピーで、
週末に充実した日々を過ごせます!

手軽にリラックスできる温浴施設は、うまく利用するに限ります。




    
温浴施設でダイエットが出来るのでしょうか?
   
温浴施設で入浴をしたからといって、

必ずダイエットが叶うわけではありません。


ダイエットに効果的な温浴施設の入り方があります。

まず、一番簡単なのは、半身浴。

半身浴で汗を流してください。

平均約30分程度で身体の芯から温まり、しっかりとじっとりと汗をかくはず。

半身浴で汗をかくのは新陳代謝を良くします。

いきなり痩せる、ということはありませんが、

半身浴、といった、入浴方法を習慣化することで、

代謝の良い身体を作ることができます。


入浴で最もダイエット効果が高いと思われるのは、

温冷入浴では無いでしょうか?

温冷入浴の方法は




後は、入浴後、足ツボリフレクソロジ-や、アロマリンパトリートメント、ボディケアなどを
行うと、代謝の良さはかなりのもの!

しかし、その後の焼き肉は・・・・


ま、ちょっとくらいいいでしょう!!!(笑)



    
スーパー温泉で日ごろの疲れを取り、リフレッシュできると聞きました!本当ですか?
   
疲れというものは、身体に非常に負担をかけますし、
基本、家で何もせず、おもしろいこともなく、ゴロゴロしたり、
ずっと寝続けていても、

実はあまり解消されません。

何故かというと、人間と言う生き物は、精神的に疲れることが
できてしまう生き物だからです。

いわゆる、ストレス、というものですね。

これは、家でただ、おもしろくもなく、ゴロゴロしていても、
絶対に解消されることはありません。

細かいことなど、「どーでもいいやぁ~」と
思ってしまうくらい、楽しいことや、身体の喜ぶこと、自分の喜ぶことを
してあげて初めて、精神的な疲れ、というのは解消するのです。

知ってましたか?

普段、家庭では味わう事の無い、デッカイお風呂、屋外のお風呂
景色のよい施設、岩盤浴での身体へのご褒美

そういった、身体が喜ぶことや、あなたの心が喜ぶこと。

これをしてあげないと、先週の心身ともに対する疲れを完全に
解消することはできないのです。

温浴施設、是非、ご利用ください。
多くの温浴施設は、土日、早朝から夜中まで空いているのは、
そういったことが関係するのです。



温浴施設で、心身ともにリラックス、リフレッシュした後に、更に贅沢をするなら、
やはり、ボディケア! それとも足ツボリフレクソロジ-?

いっそのこと、全身ケアしてしまいましょうか?


    
半身浴、したいのですが、時間をもてあましてしまいます・・。
   
半身浴中の時間を有効に利用する方法があります!

「半身浴」というのは、入浴方法の一つです。
全身がお風呂に浸かる状態では無く、

・腹部(へその辺り)
までの半身だけ湯船につかり、汗がじっとり出てくる程度の時間
(平均約30分ほど)入浴する方法のことです。

全身浴と違って心臓にかかる負担が少なく、新陳代謝もあがり、健康に良いと言われています。

しかし、問題は、この30分。
何もせず、ボーっと使っているだけでは、
時間を持て余してしまいますね・・。

温浴施設に寄っては、TV設備のある温泉などもありますが、

家庭のお風呂であれば、

・本を読む
・美容ケアをする
・普段考えないことを考えてみる

という時間の利用法もありますね。

しかし、一番リラックスできると言われているのは、
普段と違う景色、空気を吸いながらの「半身浴」

そう、露天風呂ですね!

外のお風呂につかる、というのは、よほどの事でない限り、
家庭ではできないことですよね。

せっかくだから、その30分を無駄に過ごさない為にも、

半身浴は、温浴施設の露天風呂がオススメなんです!

是非一度、お試しを♪

    
寝る前にお風呂に入るとよく眠れるのはなぜですか?
   

入浴が一日の疲れをとるのは、体を温めることで血行がよくなり、筋肉の緊張をほぐすからです。
それと同時に気持ちの緊張もほぐれるので心身ともにリラックスした状態になります。

特に心身のリラックス作用は自律神経のはたらきと関係しており、入浴時は副交感神経が優位になるといわれています。入浴によって副交感神経にかたむいた状態でベッドに入れば、スムーズに休息モードに入り快眠へとつながるのです。

また、体は体温が下がるときに眠くなることがわかっており、入浴すると一時的に体温が上がるので、入浴後は自然に体温が下がっていきます。そのため、眠りにつきやすくなると同時に、翌朝スッキリ目覚めることができます。
一覧へ | 12

1日に摂るべき水分量は(体重×0.05)で算出できます。
体重50kgの場合:50kg×0.05=2.5リットルとなります。

人間の身体には水分が欠かせません。

また入浴10分間で約500mlの汗が出ると言われていますので、入浴前後のコップ1杯の水を忘れないで下さい。

また、全身ボディケアマッサージの前後にも
老廃物を流すために水分補給が効果的です。


スーパー銭湯・日帰り温泉で全身ボディケア!トータルリラクゼーションのボディケアポータルサイト!