お風呂の効果Q&A
寝る前にお風呂に入るとよく眠れるのはなぜですか?

入浴が一日の疲れをとるのは、体を温めることで血行がよくなり、筋肉の緊張をほぐすからです。
それと同時に気持ちの緊張もほぐれるので心身ともにリラックスした状態になります。

特に心身のリラックス作用は自律神経のはたらきと関係しており、入浴時は副交感神経が優位になるといわれています。入浴によって副交感神経にかたむいた状態でベッドに入れば、スムーズに休息モードに入り快眠へとつながるのです。

また、体は体温が下がるときに眠くなることがわかっており、入浴すると一時的に体温が上がるので、入浴後は自然に体温が下がっていきます。そのため、眠りにつきやすくなると同時に、翌朝スッキリ目覚めることができます。
前へ お風呂の効果Q&A一覧 次へ

1日に摂るべき水分量は(体重×0.05)で算出できます。
体重50kgの場合:50kg×0.05=2.5リットルとなります。

人間の身体には水分が欠かせません。

また入浴10分間で約500mlの汗が出ると言われていますので、入浴前後のコップ1杯の水を忘れないで下さい。

また、全身ボディケアマッサージの前後にも
老廃物を流すために水分補給が効果的です。


スーパー銭湯・日帰り温泉で全身ボディケア!トータルリラクゼーションのボディケアポータルサイト!