お風呂の効果Q&A
一覧へ | 前へ 12
    
お風呂に入る時間、朝と夜、どちらに入るのが良いのでしょう?
   

一般には、夜に入る方が多いかと思いますが、最近は、朝からシャワーを浴びる人が多いのも事実です。

どちらにもメリットデメリットがあります。

できれば、朝に入浴するときは、熱いシャワーで身体を驚かせて交感神経に働きかけるのがよいでしょう。
更には、熱いシャワーの後に冷水を浴びて、さらに刺激するのも良いです。
そうすることで、交感神経が優位になり、昼を活動的に過ごすことが出来ます。

また、一方で、夜の入浴ですが、「内臓や器官を休ませる副交感神経を落ちつかせ、身体をお休み前のモードにしてあげるのが良いです。
ぬるめの風呂(42度以下)に20分ほど、半身浴をするのが非常に効果的と言われています。

リラックス効果のある音楽を聞いたりするのもよいでしょう。

寝る前の入浴は、寝る1時間前くらいにし、寝るまでの間に徐々に体温を落ちつかせてあげることで快眠につながります。

さらに、入浴の際に自分でマッサージをすれば、リンパの流れがよりスムーズになり、特にむくみや冷えが目立つ足先に効果的です。お湯の中で足首を回したり、くるぶしから膝に向かって、老廃物を流すようにマッサージするとむくみが解消されます。
    
入浴後、肌がカサカサ、ドアノブで静電気・・乾燥する季節は何かと辛い、なんとかなりませんか?
   

冬はお風呂で温まるのが最高の季節ですが、お風呂に入ると、入浴後、肌が余計にカサカサしたり静電気の発生が激しくなったりするものです。

自宅で、バスソルトや、入浴剤などを利用して解消するのもよいですが、お肌のカサカサをすべすべにする入浴方法なら新陳代謝をあげることが一番です。


    
わざわざ温泉にでかけるのも億劫。なんとか、肩コリ、腰痛、むくみを治したい。
   

肩こり、腰痛、足のむくみなど、血行が悪く、新陳代謝も悪いことから起こる症状です。

筋肉が凝り固まって、血液の循環を悪くしています。
まずは、ゆっくりと温泉やジャグジーなどで身体を芯から温め、サウナでマッサージをして、冷たい水風呂でゆっくりと体を冷やし、温冷入浴をします。

それで、一時の血液の循環はよくなります。
それを持続するには、体質改善するまで、それを繰り返すことと、ボディケアや足ツボリフレクソロジーなどで、身体をリラックスさせることを心がけてみてください。

疲れがたまる前に、また、疲れがたまってしまった時に、お近くのスーパー銭湯や、日帰り温泉などで、ボディケアなどの設備のある温浴施設をご利用ください。

    
あまり汗をかかないのですが・・・?
   

温浴施設で、半身浴がオススメです。
温泉の泉質によっては発汗作用を促進するものも多々あります。

しかし、お近くの温浴施設でも、ジャグジーなどがありますし、なんと言っても、広いお風呂や露天風呂で景色を見ながら、ゆっくり半身浴をすると、大抵の場合は、汗をかきます。

全身浴は長時間、お湯につかっているのがしんどいですが、半身浴なら、疲れません。

半身浴で汗を流してスッキリしましょう。

もちろん、新陳代謝も良くなります。

汗をかく体質になりたいなら、温冷入浴方法というのがオススメです。



また、温冷入浴を何度か続けて温浴施設で行うなら、ボディケアをしてくれる設備のある温浴施設で、入浴の後に
足ツボリフレクソロジ―などを利用されるのも体質改善にはオススメです。

お得な情報なども掲載されますので、是非、チェックしてください。

    
お風呂で冷え症って治るの?
   

人によって効果は違いますが、温浴施設などでも天然温泉や、ジャグジーを楽しむことが出来ます。
冷え性の方は、冷え症に効果がある温泉などに浸かるのが良いでしょう。


また、温泉につかった後に更に血行を促進し、手足や肩などが冷えるのを押さえる為に、ボディケアなどのマッサージをしてもらうのも良いでしょう。お風呂で温まった身体を持続します。
一覧へ | 前へ 12

1日に摂るべき水分量は(体重×0.05)で算出できます。
体重50kgの場合:50kg×0.05=2.5リットルとなります。

人間の身体には水分が欠かせません。

また入浴10分間で約500mlの汗が出ると言われていますので、入浴前後のコップ1杯の水を忘れないで下さい。

また、全身ボディケアマッサージの前後にも
老廃物を流すために水分補給が効果的です。


スーパー銭湯・日帰り温泉で全身ボディケア!トータルリラクゼーションのボディケアポータルサイト!