温冷入浴方法のススメ

新陳代謝が良くなる!風邪もひきにくくなる!
血流も良くなる!ダイエットにもなる!

知ってて得する「温冷入用法」のススメ
知ってて得する「温冷入用法」のススメ

まずは、しっかりとかけ湯、かかり湯

知ってて得する「温冷入用法」のススメ
知ってて得する「温冷入用法」のススメ

少し湯船につかります。
(体を温める程度)

知ってて得する「温冷入用法」のススメ
知ってて得する「温冷入用法」のススメ

体を洗い、髪の毛を洗いスッキリします。

知ってて得する「温冷入用法」のススメ

知ってて得する「温冷入用法」のススメ

ゆっくりと全身浴から~天然温泉につかります。(5分程度)
(天然温泉が無い場合は、メインのお風呂で構いません。)

知ってて得する「温冷入用法」のススメ
知ってて得する「温冷入用法」のススメ

次に露天風呂に浸かります。
露天風呂では、まず、全身浴(5分~10分)、
そして半身浴(5分~10分)を30分ほど繰り返します。

知ってて得する「温冷入用法」のススメ

※この際に、冷え過ぎない様に、そしてのぼせない様に注意してください。
※また、外の空気を吸いながらの露天ぶろは、しっかりと酸素も吸収しやすいので、
新陳代謝を高め、気分をすっきりさせてくれます。

知ってて得する「温冷入用法」のススメ

露天風呂を充分満喫したら、サウナに行きます。
今、流行りの塩サウナがあれば、塩サウナで塩を体にもみ込みましょう。

知ってて得する「温冷入用法」のススメ

※もし、体が熱くなりすぎていたら、サウナに入る前に、少し冷たい目のシャワーを
浴びてのぼせない様にしてください。
※体が冷えていたら、再度、浸かって少し温めてから、サウナに行きましょう。

知ってて得する「温冷入用法」のススメ

サウナでだいぶ熱くなったら(人によって時間はまちまちですが、
基本的には、10分~15分くらい)、次に行くのは、水風呂です。
間違っても、いきなり「ザブン!」とはやらないでください。

知ってて得する「温冷入用法」のススメ

※サウナで暑くなったからといって、いきなり水風呂に飛び込むの、「心臓」に急激に負担がかかりすぎるので非常に危険です。体の末端から徐々に心臓に向かって、水の温度に体を慣らすようにするのがコツです。

知ってて得する「温冷入用法」のススメ
知ってて得する「温冷入用法」のススメ
知ってて得する「温冷入用法」のススメ
知ってて得する「温冷入用法」のススメ
知ってて得する「温冷入用法」のススメ

1日に摂るべき水分量は(体重×0.05)で算出できます。
体重50kgの場合:50kg×0.05=2.5リットルとなります。

人間の身体には水分が欠かせません。

また入浴10分間で約500mlの汗が出ると言われていますので、入浴前後のコップ1杯の水を忘れないで下さい。

また、全身ボディケアの前後にも
老廃物を流すために水分補給が効果的です。


スーパー銭湯・日帰り温泉で全身ボディケア!トータルリラクゼーションのボディケアポータルサイト!